四日市市の丸山鍼灸科丸山源司先生の患者だった私がこうして鍼灸の道を歩み10年になろうとしています。

いわゆる青春期をバブル期に過ごし、心が育たないままマスコミいてチヤホヤされて大人になってしまった私は、結果、自分が思うようにならないと泣き、自分の意見が通らないと憤慨すると言う、どうしようもない、バブル期の落とし子でした。

しかし、鍼灸に携わる丸山先生に救われました。本当に感謝し頭があげられませんが、だからこそ、この気持ちは患者さまの為にずっと使いたいと決めています。

人の生きる名誉も光も、そしてまた陰陽で、その陰の部分の体験して感じてきた感性で、この力を、常若を愛して頂くお一人お一人の為に使っていきます。

😊

今日も一日ありがとうございました。